令和 (れいわ)は、いつから?誰が決めた?なぜ?海外の反応は?ダサいので反対運動をする人もいるけど。

2019年4月1日に新しい元号 令和 が発表されました。こちらの記事では、いつから元号が変わるのか?誰が決めたのか?なぜ元号は変わるのかを解説します。また、海外の反応は?を調べた内容とダサいので反対運動をする人もいるので紹介します。

出典は万葉集です。

出典:『万葉集』巻五、梅花の歌三十二首併せて序

引用文:初春月、気淑風、梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香

書き出しの文:初春の令月にして、気淑(きよ)く風和わらぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす

いつから

5月1日施行

誰が決めた

非公開

なぜ

万葉集の出典 桜ではなく梅から採用した

海外の反応

河野太郎外相は195ケ国に配信。

新元号の発表のニュースに海外の反応は概ね良好だった模様。

昭和はラジオ、平成はテレビ、令和はネットのライブと技術進化している点について言及している人が多いです。

令和はRの令和なのかLの令和なのか混乱している人はいました。

海外向けでは国内のの英字新聞では「R」で統一。

ダサいので反対運動

これは今のところ確認できませんでした。

コメント大歓迎

賛成、反対など積極的なコメントをお待ちしております。

皆さんで新元号ニュースを盛り上げましょう。

字うますぎ!

八景島シーパラダイスのオタリオのレオ君の毛筆動画はこちら▼

 

コメント